NetBeansでの開発とテストにXAMPPを使うための設定

NetBeansでの開発とテストにXAMPPを使うための設定

Windows用の統合開発環境といえば、お高いPHP Stormを除けばEclipseとNetBeansが有名ですが、色々と比較した結果、現在の開発スタイルに最も適しているNetBeansを選択しました。

NetBeansを導入したら、次は手軽にローカル実行環境を構築するXAMPPを導入します。ここでは多少クセのあるXAMPPのアレコレについて解説します。

スポンサーリンク

XAMPP for Windowsのダウンロード

XAMPPには、大きく分けるとインストーラ版と手動インストール版の2種類があります。ここでは後者のZIP版をダウンロードすることにします。

XAMPP is an easy to install Apache distribution containing MariaDB, PHP and Perl.

ZIP版をダウンロード

大きいファイルですので、ダウンロードには少々時間がかかります。

XAMPPの解凍とインストール

ダウンロードが完了したら、C:ドライブ直下に解凍しましょう。xamppというフォルダの中にゴチャゴチャとファイルができていればOKです。

このフォルダ構成は「標準的な構成」であり、これでインストールは完了です。

もし上記以外のフォルダ構成にした場合は、解凍したファイルにあるsetup_xampp.batを実行しておきましょう。これでXAMPPの構成設定が更新されます。

XAMPPの設定変更

このままでも既にXAMPPは実行可能な状態なのですが、ここではNetBeansでPHPアプリケーションの開発を行うという前提で、必要となる設定をしていきます。

PHPのモジュールを設定する

当然のように使用するモジュールが使えなかったりするので、php.iniをテキストエディタで開いて編集します。

エクスプローラから直接エディタを起動しても良いですし、xampp-control.exeを実行してApacheの「Config」ボタンをクリックしても設定ファイルを開くことができます。というか後者のほうがラクでしょう。

右側にある「Config」から、使用するエディタの設定もできたりします。

PHPの設定ファイルを編集

いずれかの方法でphp.iniを編集できる状態になったら、990行目あたり以降のextension=php_*.dllが羅列してある部分を変更します。

;extension=php_openssl.dll

↓ アンコメント

extension=php_openssl.dll

これでSSLモジュールが使用できるようになりました。PHPのComposerが動かない!といった場合はコレが悪さをしている可能性大です。なぜ無効にしてあるのかは不明です。

他に、せっかくXAMPPにはMercuryという聞きなれないメールサーバも付属していますので、imapモジュールも有効にしておきたいところです。

;extension=php_imap.dll

↓ アンコメント

extension=php_imap.dll

PHPのXdebugを有効にする

これも、主に開発環境の一部として使われるXAMPPでなぜ無効にしてあるのかわかりませんが、デバッグを行うためのXdebugが無効になっているので有効にします。

;zend_extension = "C:¥xampp¥php¥ext¥php_xdebug.dll"

↓ アンコメント

zend_extension = "C:¥xampp¥php¥ext¥php_xdebug.dll"

そして設定値が色々ありますが、面倒なので以下をコピペして最終行に追記しておきましょう。

xdebug.remote_enable=1
xdebug.remote_host=127.0.0.1
xdebug.remote_port=9000
xdebug.remote_handler="dbgp"
xdebug.profiler_enable=1
xdebug.profiler_output_dir="C:¥xampp¥tmp"

MySQLの設定を変更する

同じようにして、MySQLの設定ファイルであるmy.iniを編集します。Linux等では/etc/my.cnfだったりするアレです。

デフォルトで使用する文字コードをUTF-8にする設定です。

まずは[mysqld]の下に以下の行を追記します。

character-set-server = utf8

そして[mysql][mysqldump]それぞれの下に以下の行を追記します。

default-character-set = utf8

XAMPPの実行と自動実行の設定

ここまでで、大抵の本番環境と似た状態になったと思います。

早速XAMPPを起動してみましょう。起動するのはxamppフォルダにあるxampp-control.exeです。

デスクトップなどにショートカットを作っておくと便利です。

起動したら、まず右端にある「Config」ボタンをクリックしましょう。そして、今後のXAMPP起動時に自動実行したい項目を選択しておきます。

自動実行する項目を選択

ここではApache, MySQL, Mercuryを自動実行するよう設定しておきました。よく見るとテキストエディタも変更してあります。

ほかに、起動時に最小化してくれる「Start Control Panel Minimized」も地味に便利です。

「Save」したら再起動しても良いですし、このままApacheなどの「Start」ボタンをクリックしてもOKです。

NetBeansの設定

NetBeansで、XAMPPを使用するための設定をしておきます。

まずは「ツール」→「オプション」と進み、オプションダイアログの上部アイコン「PHP」をクリックします。

そして「一般」タブにある「PHP 5インタプリタ」の項目に、インストールしたXAMPPのphp.exeを指定します。

PHP 5インタプリタの設定

次に「デバッグ」タブを開き、不要だと思われる「最初の行で停止」のチェックを外しておきます。

最初の行で停止のチェックを外す

まとめ

これで、NetBeansとXAMPPを使ったWebアプリケーション開発とデバッグができるようになりました。

NetBeansでは、さらにPHPUnitによるユニットテストや、各種PHPフレームワークのプラグインなども豊富に揃っていますので、公式サイトやGoogle先生を参考に色々調べてみてください。

大手のSymfonyやZendだけでなく、CakePHPやFuelPHPのプラグインもありますよ!

『NetBeansでの開発とテストにXAMPPを使うための設定』へのコメント

  1. 名前:shin_mtd 投稿日:2014/10/05(日) 13:34:41 ID:589fc6ab0

    netbeansのデバッグ設定