WordPress 3.7からはコアやプラグイン、テーマまで自動アップデートが可能に

WordPress 3.7 では、待望の自動アップデート機能が搭載されています。これまではもちろんアップデートは手動でしたので、更新通知に気づきにくい放置系管理者にはうれしい変更です。
ただしデフォルトではいくつかのアップデート機能が無効に設定されていますのでそれらも有効にしてみます。

自動アップデートされるのは一部だけ

すべてが自動アップデートされるわけではありません。アップデートによる不具合が心配という向きにとっては当然の措置なのですが、ライト層のユーザーにとっては「全部やっといてくれよ!」というところでしょう。

デフォルトで自動アップデートされるファイル

  • コア(マイナーバージョンアップ)
  • ローカライズ

デフォルトで自動アップデートされないファイル

  • コア(メジャーバージョンアップ)
  • プラグイン
  • テーマ

自動アップデートの設定を変更して有効にする

これらを自動アップデートするか否かは、WordPress のルートディレクトリにある設定ファイル wp-config.php で指定することができます。

以下を追記すると、自動アップデートされるファイルを指定することができます。記述しない場合、これらは自動アップデートの対象外です。

コアファイル(メジャーアップデート):有効

add_filter( 'allow_major_auto_core_updates', '__return_true' );

プラグインファイル:有効

add_filter( 'auto_update_plugin', '__return_true' );

テーマファイル:有効

add_filter( 'auto_update_theme', '__return_true' );

自動アップデートを無効にするには

逆に、自動アップデートされては困るファイルを指定することで、手動アップデートにすることもできます。

コアファイル(マイナーアップデート):無効

add_filter( 'allow_minor_auto_core_updates', '__return_false' );

ローカライズファイル:無効

add_filter( 'auto_update_translation', '__return_false' );

まとめ

企業で利用している場合はコアやプラグインを下手にいじってほしくないケースもありますし、個人でも子テーマやまるごとコピーを使わずにテーマファイルをいじっている方はいると思いますので、きちんと使い分けしてトラブルのない自動アップデート生活を楽しみましょう!