iPhone 12以降で撮影したHDR動画をPCのモニターでSDR変換しつつ再生する

iPhone 12以降で撮影可能になったHDR動画を、PCのHDR非対応モニターで再生すると、色がおかしく表示されます。HDRからSDRへの色変換を行いつつ再生する方法をご紹介します。

コンテンツ目次

何が問題なのか

iPhone 12以降で撮影が可能になったDolby Vision対応のHDR動画は、明暗のダイナミックレンジが広く、くっきりと美しい画になります。

しかしHDRで撮影された動画は、HDRに対応しているiPhone上では正常な色で再生できますが、PCに転送して「HDR非対応のモニターで再生」すると、明るくギラギラし白飛びしまくった画になります

鑑賞に耐えないほど輝度やコントラスト、色味が変わってしまいます。後ほどサンプルをご紹介します。

ギラギラ、白飛びの原因

以下の画像は、iPhone 12 Proで撮影したHDRで動画の構成情報です。

iPhone 12(高効率)で撮影したHDR動画

iPhone 12(互換性優先)で撮影したSDR動画

HDR動画のBit depth、つまり「ビット深度」は10bitになっています。

HDRは、ビット深度が8bitから10bitとなることによって、表現できる色の範囲が増えるという仕組みです。

しかし、大多数のPC用モニターはHDRに非対応であり、ビット深度8bitの表示にしか対応していません。

そのため、10bitで記録された画像や動画を本来の色で表示できないことになります。

表現できる色の範囲が違う」「輝度情報の持ち方が違う」等が、ギラギラや白飛びの原因です。

HDR非対応のモニターでHDRの色を再現することは不可能

たまに「HDR非対応のモニターでHDR表示できないか」という質問を見かけます。

これは「8リットルの容器に10リットルの水は入りますか」と聞いているようなものです。

結論としては「できません」。もしできるなら誰もHDRモニタを購入しないでしょう

iPhone側でHDR撮影しない設定にすることも可能ですが、本記事の趣旨から外れます。
ここでは「HDR動画をHDR非対応モニターでどうにかまともに再生する」ことを目的とします。

正しい色で再生することはできるのか

前述した通り、HDRで撮影された動画をHDR非対応のモニターで「HDRのまま表示する」ことは不可能です。モニターの機能を超える要求となり、物理的に不可能です。

しかし、10bitで記録された動画を「8bitの色情報に変換して表示する」ことは可能です。

色の表現範囲を狭めるわけですから、撮影した色をそのまま再現できるわけではありませんが、HDR非対応のモニターでもギラギラや白飛びを抑えて「そこそこまともに」再生することができるようになります。

多くの方が知りたいのはこの方法だと思いますが、情報が少ないのが現状です。

HDRの10bit動画を8bitに変換しながら再生する方法

Windowsでの再生を前提としています。

以下の動画プレイヤーをインストールしている必要があります。

MPC-BEは、古くから定番の動画プレイヤーであるMedia Player Classicから派生したソフトウェアです。

軽量・シンプルかつ多機能で、外部ツールとの連携に優れ、初心者から動画マニアまで万人にお勧めできます。

このMPC-BEで、10bitから8bitに自動変換しつつ再生することができます。

10bit動画は8bitに変換しながら再生、8bit動画はそのまま再生されます

インストール・設定方法

MPC-BEは(ポータブル版でなければ)インストーラー付きですので、普通にインストールを行います。特に躓くところはありません。

外部フィルタとしてLAV Filtersのインストールを推奨しますが、無くてもMPC-BEは内蔵フィルタだけでほとんどの動画形式に対応しており、困ることはほぼありません。

次に、MPC-BEのオプションを開き、「映像」という項目を開きます。

「ビデオレンダラー」が「Enhanced Video Renderer(カスタムプレゼンター)になっている場合は、これを「Enhanced Video Renderer」、通称EVRに変更します。

EVRを使用する以外に、外部レンダラーとしてお手軽なMPC Video Rendererや、細やかな映像設定が可能なmadVRを使用する方法もあります。

私はmadVRを使用していますが、動作が若干重く、設定が多彩・難解であるため、万人にはお勧めしにくいです。

レンダラー変更結果

HDRで撮影した動画をHDR非対応モニター上のMPC-BEで再生した例です。

例1:左がEVRカスタムプレゼンター、右がEVRによる自動変換

変換前は、白に近いカラーのキーボードやカーテンの白飛びがひどく、カーテンに関してはあることがわからないくらい飛んでしまっています。
変換後は、やや彩度に欠ける眠たげな画にはなっていますが、その差は一目瞭然です。

例2:上がEVRカスタムプレゼンター、下がEVRによる自動変換

変換前は空の青色や建物の壁面が激しく白飛びしています。空は真っ白になり、建物と融合しています。
変換後は人間が目で見たイメージに近くなり、例1と同じく彩度に欠けますが、その差は一目瞭然です。

当然、目で見た実物の色に近いのはSDR変換後の画です。

同じ内容でお困りの方は、ぜひMPC-BEのレンダラー変更をお試しください。

  • URLをコピーしました!
コンテンツ目次
閉じる