AviUtlで実写DVDをmp4動画に超高画質エンコードする方法

この手のキーワードで検索をかけると、ひっかかるのは大抵アニメのエンコードに関する解説だったりします。

それはそれで役に立つのですが、ここではあえて実写、しかもソースがDVDビデオの場合に限定して解説します。

実写DVDビデオをソースにする場合の注意点

実写DVDというと何を思い浮かべるか、それは人それぞれですw

何にせよ、AviUtl は DVD ビデオや DVD-ISO を直接ソースとして読み込むことはできません。

つまり、読み込む前に何らかの変換作業が必要となります。

読み込む前に画質が劣化したのでは高画質エンコードのお話になりませんので、ここでは無劣化での中間ファイル作成を考えます。

DVD ビデオは MPEG-2 形式の動画を特殊な構造に書き直したものですので、余計な情報を省き、元通り1本の MPEG-2 動画ファイルに変換してやりましょう。

DVDビデオをハードディスクに抽出するには

まずは、DVDビデオの内容をそのままハードディスクに抽出し、抽出したファイル群を加工することにします。

この抽出を行うソフトウェアはいくつかありますが、個人的に特にオススメなのがこちらです。

AnyDVD には、DVD ディスクをハードディスクに抽出する機能と、DVD-ISO イメージとして保存する機能、そしてプロテクトを云々する機能があります。

抽出したファイル群をMPEG-2形式動画に変換するには

これが意外とやっかいで、DVD ディスクを DVD-ISO イメージに変換するソフトウェアはいくつもあるのですが、MPEG-2 形式の動画ファイルに変換するソフトというのは、海外の無駄に凝った UI でとっつきにくさ爆発な超マイナーソフトウェアくらいしか見当たりません。

実はこれも、有料ではありますが「コレしかないでしょう」という超オススメなソフトウェアがあります。

体験版もあるのでぜひ試してみてください。今回目的としていることに関して、まさに無敵の性能を持っています。

先述の AnyDVD と併せると結構な出費にはなりますが、共に古くからある実力派でアップデートも頻繁、非常に信頼出来るソフトウェアです。

たまに思い立って海外の某ビデオ編集系フォーラムを覗いたりして、フリーウェアやオープンソース・ソフトウェアで同じことができないか試したりもしていますが、機能面、信頼性、速度、作業効率をコストとして考えると、こちらの有料ソフトウェアを揃えた方が正解だという結論に毎回達している次第です。

DVDビデオをmp4にエンコードするまでの手順まとめ

上記のソフトウェアが揃っていれば、これだけの手順で可能となります。

  1. AnyDVD で、「Video-DVD をハードディスクにへ抽出」
  2. TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4 で、抽出したフォルダを読み込む
  3. TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4 で、MPEG-2形式に変換して書き出す
  4. AviUtl で、変換したMPEG-2ファイルを読み込み、mp4にエンコード

AnyDVDでDVDビデオを抽出

DVDディスクを挿入する前に、AnyDVD を起動して常駐させておきます。

ディスクを挿入すると AnyDVD が自動的に解析を始め(アイコンの色が変化)、これは数秒で完了します。

アイコンの色が戻ったら、右クリックして「Video-DVD をハードディスクに抽出」を選択します。

ハードディスクへの抽出を選択

抽出先のフォルダを選択し、「DVD をコピー」ボタン一発で完了です。

DVD をコピーボタン!

これで抽出されたファイルは、Video-DVD 形式のまま、つまり DVD ディスクの中身そのままになっており、まだ MPEG-2 形式の動画ファイルにはなっていません。

TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4でMPEG-2形式に変換

TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4 を起動して新規プロジェクトを開始します。

AviUtl とは違い、先ほど抽出した Video-DVD 形式のフォルダ・ファイル構造をそのままドラッグすることで読み込んでくれます。

抽出したディスクが複数あるなら、連続変換もできますのでどんどんドラッグして登録してしまいましょう。

複数ドラッグで一括処理

毎回クリップの編集ウィンドウが開きますが、これはそのまま「OK」で閉じてしまえば大丈夫です。

次に画面上部のボタンタブで「出力設定」を選択します。このソフトウェアでは、ここが最重要ポイントとなります。

TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4 は様々な出力形式に合わせた設定を持っていますが、ここでは画像の通りに合わせておいてください。

出力設定

今回の目的である「無劣化のMPEG-2形式に変換する」ためには、VBR(可変ビットレート)で品質を 100 にする必要があります。

がんばって CBR(固定ビットレート)にしてソースと同じビットレートに合わせるとかいう地味な作業は必要ありません。

設定が済んだら、次回以降に同じ設定作業を繰り返さなくてもいいように、ユーザー設定を登録しておきましょう。

ユーザー設定の登録

次は、「出力」タブに進みます。あとは特に面倒なことはありません。

「出力開始」ボタンをクリックして、完了まで待ちましょう。スマートレンダリング(エンコードを行わない)ため、非常に高速です。

スマートレンダリングなう

AviUtlでx264guiExを使用する準備

あとはAviUtlでエンコードして終了!といきたいところですが、実は前回の AviUtlの設定と最新プラグイン2013年版・インターレース解除はコレで解決編では解説していなかった、x264guiExという出力プラグインを使うための準備が必要です。

まずはこちらの画面右側(サイドバー)から、「x264guiEx 2.xx」をクリックしてください。

作者様のファイル倉庫が開きますので、そこで最新のファイルをダウンロードします。執筆時点での最新版は x264guiEx_2.03.zip です。

これを適当なフォルダに解凍すると、x264guiEx_2.03 というフォルダができますので、その中にある auo_setup.exe を実行しましょう。

AviUtlがインストールされている場所を求められます。前回の記事通りに勧めていれば、画像のようになるはずです。

AviUtlのあるフォルダを選択

次へ進めると、x264guiEx の動作に必要なソフトウェア群が、自動で一括インストールされます。なんて便利!

なお、x264guiEx を使ったエンコードに関する設定は、後ほど実際に出力する際に解説します。

AviUtlでMPEG-2ファイルを読み込み、フィルタをかける

いよいよ AviUtl を起動しましょう。

前回の AviUtlの設定と最新プラグイン2013年版・インターレース解除はコレで解決編 で解説した通りに設定済み、フィルタプラグインが入っていれば、ここでは「NNEDI3フィルタ」を有効に、つまりインターレース解除のみ行います。

DVDビデオをソースにした際、色調補正やノイズ除去が必要となるケースはほぼ無いと思います。

NNEDI3フィルタを有効に

x264guiEx の実写向け設定で高画質エンコードする

プレビューを見て納得できたら、「ファイル」 → 「プラグイン出力」 → 「拡張 x264 出力(GUI) Ex」を選択します。

名前が違いますが・・・

そして、誰でも一度は頭を悩ませる、x264 に関する設定を行います。画面右下の「ビデオ圧縮」ボタンをクリックします。

ビデオ圧縮ボタン

「x264」タブ

ここからは悩まず、まずは画面通りに設定しておいてください。まずは「x264」タブです。

「x264」タブ

特に重要だったり、目安のわかりにくい部分だけ解説しておきます。

設定項目設定内容
x264.exe の指定※さきほどのセットアップで自動設定済み
ビットレート指定部分シングルパス – 品質基準VBR(可変レート)
品質(Quality)18~22 程度
アクペクト比SAR比 32:27 または 8:9 (※後述)

一部の人は「あれ?」と思うかもしれないのが「アスペクト比」です。

ここを「40:33」等、違う値で記憶している方もいらっしゃるかと思います。

実は、今となっては古い習慣となった「左右8ピクセル削ってから出力する」場合の計算に基いた比率が「40:33」や「10:11」でした。

プレビューで確認すればわかりますが、今どき左右8ピクセル削る必要のあるソース動画はほぼ見かけません。

となると、元となるソースそのままを出力することになり、ピクセルサイズが違いますので当然比率も変わってきます。

ソース動画をまったく削らない場合の正しいアスペクト比は以下の通りです。

元のアスペクト比x264での設定値
16:9SAR 32:27
4:3SAR 8:9

元のアスペクト比は、AviUtl のプレビューではわかりにくいですが、エクスプローラのサムネイル画像を見ればすぐにわかります。

わからない場合は、一度動画を再生してみてください。横に長細ければ 16:9 です。

「レート・QP制御」の設定

続いて「レート・QP制御」タブです。

「レート・QP制御」タブ

ここは特にいじらなくても良い項目ですが、若干 実写用に変更している部分があります。

「フレーム」の設定

エンコードのパフォーマンスと、エンコード後の画質に大きく影響する部分です。

「フレーム」タブ

設定項目設定値
動き予測アルゴリズムUneven Multi-Hexagon
サブピクセル動き予測7 または 9
動き探索範囲16~24 ※色差動き予測:チェック
参照距離3~5 ※混合参照:チェック

動き予測アルゴリズムは、これが最も速度と画質のバランスが良いとされています。

サブピクセル動き予測は、通常は 7 で構いませんが、高画質を狙うなら 9 にします。他の値は他の設定値との兼ね合いもあって推奨しません。

動き探索範囲は、やたら大きくしてもただ重くなるだけですので、HD 動画で 24、それ以下なら 16 で構わないと思います。

参照距離は、次に解説する Bフレームと関係しています。あまり大きくすると重いだけでなく再生負荷も高くなりますので、最大でも 5 程度にしておきます。

次に Bフレームとマクロブロックを見てみます。

設定項目設定値
最大連続Bフレーム数3~5
適応的Bフレーム挿入完全
Bフレーム挿入傾向0
ピラミッド参照normal
重み付きBフレームチェック
マクロブロックp4x4 以外にチェック

Bフレームも多すぎるとエンコードの重さや再生負荷を考え、ほどほどの値にしておきます。大きくし過ぎると互換性の問題も出てきます。

エンコードが重くなるということは、相対的に再生時の負荷も高くなりがちですし、単純にエンコードが重い=画質に大きく貢献する、というわけでもありませんので、その点を頭に入れておきましょう。

マクロブロックで 「p4x4」 のみチェックを外していますが、これはまさにエンコードが重くなる割に、さほど画質に貢献しない設定だからです。

なお「インループデブロックフィルタ」は輪郭を強調するものですが、効果が強めに出るフィルタなので、意図的にシャープにしたい場合に値を -1, -1 にする程度にしておきます。

ただ、それなら AviUtl 側で同様な処理をしておいた方が、仕上がりも確認できるので良いです。

その他の設定項目

「拡張」タブは特にすることがないので放置プレイで。

あとは右側にある音声関係の設定ですが、さきほどまでの画像を参考に設定しておいてください。

つまり NeroAacEnc.exe の場所や、mp4 の muxer 指定です。先ほどのセットアップ時に自動的に指定されているかと思いますが、一応確認しておきましょう。

すべての設定が終わったら、左上にある「新規保存」ボタンで、新しいプロファイルとして「別名で」保存しておきましょう。

エンコード開始

すべて問題なければ「OK」をクリックし、保存先のフォルダとファイル名を確認し、「保存」ボタンをクリックします。

エンコードにかかる時間は、PC のスペックに大きく左右されます。

異常に重い場合は先ほどの x264 やフレームの設定を極端なものにしていないか確認してみましょう。